敏感肌の正しいスキンケア方法って?

敏感肌でお肌がピリピリする、ちょっとしたことで吹き出物がすぐに出る、など困っている方に多いのが「スキンケア迷子」です。
「敏感肌の方にオススメ」「お肌の悩みを解消」という文言を見たら、つい使ってしまうけれど効果はいまひとつ…という方、敏感肌の基本的なスキンケア方法についてもう一度見直してみましょう。

敏感肌になるのは、皮膚の乾燥が大きな原因の1つです。皮膚が乾燥することによって、皮膚バリヤーが壊れてしまって、外からの刺激が直接肌の奥にまで届いてしまうとトラブルになってしまいます。
表面のカサカサはもちろん、赤味やかゆみ、それを気になってつい触ってしまい雑菌が繁殖、ますます悪くなるという悪循環を引き起こしがちです。

また、オイリー肌の場合、過剰に皮脂が分泌され、毛穴に詰まってニキビができたりテカリが気になるということもあります。
お肌には水分と油分のバランスが大切です。自分の肌質を見極めて、正しいスキンケアをしていきましょう。

まず、皮膚がよくカサカサする乾燥肌から問題が起こっている方は、保湿が非常に大切になります。化粧水をしっかりたっぷりと使って肌に水分をたくさん与えてください。手を使うときには清潔な手でまず一度顔全体に広げ、さらにもう一度同じくらいの量を使ってみましょう。
一度にたっぷり使うより、時間差で使うとより浸透していきます。肌表面が乾燥していると、せっかくの化粧水が表面の乾燥にしか届いていません。
2回に分けることによって、深部にまで浸透しやすくなります。コットンを使うときはたっぷり含ませてやさしくパッティングしてください。こすらないように注意しましょう。
そのあと乳液で余計な蒸発を防ぎます。

よくテカるという人は、つい「さっぱり」した使い心地の化粧品を選んでしまいがちです。
しかし、そもそも足りない水分を逃がさないよう過剰に皮脂を出している場合があります。混合肌用~乾燥肌用のものを試してみるのもよいでしょう。
皮脂が毛穴に詰まってトラブルをおこしがちなので、洗顔を丁寧にしていくとよいでしょう。
それでは、洗顔について両方のタイプに共通する要素を見ていきましょう。

敏感肌の人は「肌の表面が汚れているのかも」とついゴシゴシこすったり、必要以上に洗浄成分が多い洗顔料を使ってしまいがちです。
もちろん、表面についたホコリや汚れを取ることは大切ですが、洗顔と一緒に必要な油分も奪ってしまいがちです。
通常のメイクなのにディープクレンジング用のものを使っていたりすると、お肌がどんどん乾燥してしまいます。

アイメイクや口紅といった油分の多いパーツにだけクレンジングオイルを使い、頬やおでこには通常のクレンジングソープをよく泡立てて化粧になじませ、落としていきましょう。
ついでに顔をマッサージするつもりで、少し時間をかけてなじませていきます。
力を込めてグリグリとやってしまいがちですが、化粧の中に含まれる油分がクレンジング剤と混じり溶かされるまで少し時間がかかります。指の腹でゆっくりとなじませると血行が良くなり肌も温まってきますので、よりなじみやすくなります。

ゆっくりといっても顔全体を1分ほどくるくるとするだけですので、顔の筋肉をほぐすようなイメージで頑張ってみてください。肌トラブルを抱えている方に限って、トラブルの部分だけをゴシゴシこすり、他の部分はササッと終わらせてしまう方がよく見受けられます。
気になる部分のケアは洗顔後で十分です。顔全体の汚れをすっきりと取りましょう。

風邪をひいたり、花粉症の時に肌の調子が悪くなることは、敏感肌でなくてもよくおこることです。
これは、身体の免疫が影響しています。体力が落ちたり、ストレスが溜まってきたりすると体の免疫力が衰えてしまいます。すると、普段なら炎症を食い止めていたものができなくなり、赤くなったりかゆみの部分が広がったり、ニキビもすぐに大きなものができたりしがちです。
体調を整えたり、ストレスを発散したりすることも立派な対処法です。免疫力は腸内細菌が大きな影響を与えているので、自分の腸の中の善玉菌を大いに増やしていきましょう。
乳酸菌をとるのもいいですし、発酵食品、例えば納豆やぬか漬けを食べるのもお勧めです。

また、食物繊維をたくさんとると、腸の中を綺麗に掃除してくれるので、善玉菌が増えやすくなります。野菜をなるべくとるとよいというのは、栄養素ももちろんですが食物繊維が豊富なので、身体全体にとってもよい作用があるからなのです。
スキンケアにばかり夢中になって、ごはんはファーストフードやカップ麺ではいつまでたってもお肌はきれいになってきません。

また、ぐっすり眠ることで新陳代謝をうながし、肌細胞の健やかなターンオーバーにつながります。よく、夜10時から2時がゴールデンタイムといわれていましたが、あまり気にすることはありません。
参考サイト:睡眠医学のドクターに聞く。新常識! 「肌のゴールデンタイム」の本当の時間帯とは?

眠りについてから3時間ほどが大切なだけなので、とにかくぐっすりと眠るようにしましょう。
お肌のお手入れプラス食事と睡眠がとても大切です。忙しいとなかなか難しいですが、週に何日かは身体にいい一日を過ごしてみてください。